インフラメンテナンス国民会議近畿本部フォーラム『第2回ピッチイベント』

インフラメンテナンス国民会議近畿本部フォーラム『第2回ピッチイベント』を開催しました

「インフラメンテナンス国民会議近畿本部フォーラム」は、自治体が抱える施設管理の課題(テーマ)に対し、民間事業者などが保有する最新のシーズ技術(メーカー・企業などが提供する技術や商品等)を広く共有し、技術の発掘と社会実装、連携の促進を図る「ピッチイベント」(短い時間で自社の製品やサービスを紹介(プレゼン)するイベント)を開催しました。

【テーマ】

  1. 路面下空洞厚さ調査を支援する技術
  2. 法面点検(目視点検)を支援する技術
  3. 常時水没している構造物の点検の効率化技術
  4. 化粧板下の清掃、滞水除去技術

■日 時:平成29年10月26日(木) 13:00~16:30

  • 今回のピッチイベントは、平成29 年8 月9 日に開催した第4回フォーラムで取り上げた4テーマ(課題)に対し、民間企業者が保有するシーズ技術の募集に応募があった技術について、11の民間企業者からプレゼンテーションが行われました。
  • 今後は、プレゼンテーションされた技術の中から、施設管理者のニーズに適応する可能性の高い技術について、実用化の可能性を検証するフィールド(実証)実験の実施に向け調整を行っていくことを報告しました。

詳細は、インフラメンテナンス国民会議 会員メルマガ Vol.26 (H29.11.14 発行)の別添1をご参照ください。