「AI時代のインフラメンテナンスとビッグデータのあり方」セミナー

「AI時代のインフラメンテナンスとビッグデータのあり方」セミナーを開催しました

国・大学・民間・自治体の全14名の講師の方々から、ビッグデータを扱う施設管理者や技術開発に携わる企業等に求められる視点及びビッグデータ活用のための環境整備のあり方等について、ご講演いただきました。講演プログラムにつきましては チラシ (PDFファイル注意:295KB) をご覧下さい。

 

【日 時】2017年10月16日(月)10:50~17:30頃(開場10:15~)

【場 所】富士通デジタル・トランスフォーメーション・センター(東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル 30階)

【主 催】インフラメンテナンス国民会議

 

当日は本会場・WEB聴講併せて500人以上(速報値)の方にご参加頂きました。

  • 革新的技術フォーラムの取組として、AI時代を迎えるにあたり「ビッグデータを扱う施設管理者や技術開発に携わる企業等に求められる視点」及び「ビッグデータ活用のための環境整備のあり方」を明らかにし、今後の企業連携や官民連携のきっかけとするためのセミナーを開催しました。
  • インフラメンテナンス分野でのAI活用の可能性や最新技術・取り組みの紹介があったほか、良質で大量のデータが深層学習に必要であること、教師データを産学官で連携して整備する必要性、AIを活用した「人の判断」支援による生産性向上の方向性等が共有されました。

講師の発表資料は当日来訪者への紙配布のみとしています。ご了承ください。